(感歓劇)震災戯曲と高校生 他者の怒りや傷み、我が事に 工藤千夏

有料会員記事

[PR]

 東日本大震災から10年。復興の進捗(しんちょく)問題を語りたいのに、今や世界中がコロナの被災地だ。

 高校演劇もまた、パンデミックに翻弄(ほんろう)されている。昨年の全国大会は春、夏ともに映像配信のみで、実質中止。2021年度の予選にあたる大会も、映像審査や無観客上演が多数。毎日の部活さえままなら…

この記事は有料会員記事です。残り1277文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら