実際の殺人事件を舞台化した作品の再演相次ぐ

有料会員記事

[PR]

 椿組「シャケと軍手」は2006年の秋田児童連続殺害事件を取り上げる。実の娘ら2人を手に掛けたとされる女を、DVを受けた生い立ちなどから見つめ直す。08年初演の山崎哲の脚本を西沢栄治が構成・演出する。17~28日、下北沢のザ・スズナリ。電話080・5464・1350

 劇団1980「豊後訛り節」は…

この記事は有料会員記事です。残り120文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら