(評・音楽)国立劇場「ベルリン連詩2」 しなやかに戯れる雅楽と洋楽

有料会員記事

[PR]

 「詩歌をうたい、奏でる」というテーマで国立劇場が行った特別企画公演は、ほろ酔い気分で舞う五節(ごせち)の芸能と、3人の作曲家への委嘱作「ベルリン連詩2」の初演を結び付ける、凝りに凝った演目。全く異質な世界ながら、詩歌に興じる今昔の宴の気分を共有していた(6日)。

 「ベルリン連詩」は一柳慧が198…

この記事は有料会員記事です。残り571文字有料会員になると続きをお読みいただけます。