(評・舞台)国立劇場「3月歌舞伎公演」 菊之助、型と精神の継承見事

有料会員記事

[PR]

 菊之助が初役で武智光秀を勤める「時今也桔梗旗揚(ときはいまききょうのはたあげ)」。女形を本領としてきただけに線が細く、立役の中で最も陰性重厚な部類に属するこの役に必須のドスの効いた低音も出ない。だが、監修者・吉右衛門の指導よろしきを得、型と精神の継承が見事になされている。

 たとえば「愛宕山」幕切…

この記事は有料会員記事です。残り618文字有料会員になると続きをお読みいただけます。