(新初段物語:24)徐文燕、のんびり屋でも強い芯 囲碁

有料会員記事

[PR]

 「のほほん」「のんびり」「さっぱり」。取材中、自分の気質について本人からも母からも、これらのことばが何度も聞かれた。およそ勝負の世界に縁遠いタイプのように思えるが、厳しいプロ試験を土壇場の逆転でくぐり抜けた。

 1月の日本棋院東京本院の女流棋士採用試験は、8人の総当たりリーグで行われた。男子と切磋…

この記事は有料会員記事です。残り728文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載新初段物語

この連載の一覧を見る