雇調金支給、3兆円超え 段階的に縮減へ 一定効果も財源枯渇

有料記事

[PR]

 新型コロナウイルス禍で働き手を休ませた企業に対し、働き手に払った休業手当の費用を助成する雇用調整助成金(雇調金)の支給額が、3兆円を突破した。雇用悪化を防ぐ一定の効果がみられた一方、お金は尽きかけており、政府は失業率をにらみながらコロナ対応の特例を弱める難しいかじ取りを迫られている。

 雇調金には…

この記事は有料記事です。残り699文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。