全銀協新会長、多難の船出 銀行で障害相次ぎ みずほFG社長

[PR]

 みずほフィナンシャルグループ(FG)の坂井辰史社長が4月から、全国銀行協会の会長に就く。ただ、傘下のみずほ銀行がシステム障害などを2週間で4度も起こし、グループ全体の内部管理態勢を問われている。社会インフラを担う銀行界を率いる新トップは、多難な船出となりそうだ。

 坂井氏は月内にも会見を開き、原因や再発防止策を自ら語る方針。みずほのこれまでの2回の会見は藤原弘治頭取が出席した。ただ、2019年導入の新システムは持ち株会社主導で移行しており、坂井氏の説明責任を問う声もあった。

 全銀協会長職は3メガバンクが輪番で務めている。現会長の三毛兼承・三菱UFJ銀行頭取が3月で退く予定で、後任に坂井氏が昨年内定していた。みずほ側は予定通り業界団体トップを担い、就任会見も開く考えだ。ただ、「トラブルが4回も続くと、問題を起こした銀行が会長を務めてよいかという世論になる懸念もあるのでは」(大手行幹部)との声もある。

 全銀協は15日、加盟行の間でシステムの運用管理や顧客対応などの徹底を申し合わせたと発表。「(ATM停止時などに)復旧を速やかに行うために必要となる体制等を構築」、「(顧客に対して)迅速かつ適切な案内対応、情報提供、周知・広報を行う」など、みずほ銀の障害で問われた不手際を意識した内容だ。

 また、みずほ銀は15日、2月末のATM障害時にみずほ以外の金融機関のATMを使って顧客が負担した手数料を16~18日に返すと発表。取引履歴を調べ、対象口座に振り込む。問い合わせは店舗かコールセンター(0120・324・303)へ。箱谷真司

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント