(経済ファイル)機械受注、民需が前月比4.5%減

有料会員記事

[PR]

 内閣府が15日公表した1月の機械受注統計(季節調整値)で、代表的な指標の「船舶・電力をのぞく民需」は前月より4.5%減の8417億円だった。減少は4カ月ぶり。ただ、金額の水準でみれば昨年11月より高く、内閣府は「持ち直している」とする基調判断は据え置いた。

 製造業は4.2%減、非製造業は8.9%…

この記事は有料会員記事です。残り84文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!

連載経済ファイル

この連載の一覧を見る