粋でモダン、小村雪岱のセンス 日本画・デザイン…多彩な顔に迫る 二つの展覧会

有料会員記事

[PR]

 日本画家として出発し、装丁家、挿絵画家舞台美術家、さらに「資生堂書体」の誕生に中心的な役割を果たしたデザイナーでもある。様々な顔を持つ小村雪岱(こむらせったい)(1887~1940)の多彩な仕事ぶりを振り返る二つの展覧会が東京都内で開かれている。

 ■繊細かつ大胆、「昭和の春信」 @三井記念美…

この記事は有料会員記事です。残り1214文字有料会員になると続きをお読みいただけます。