「最後の新版画家」笠松紫浪の味わい 太田記念美術館

有料会員記事

[PR]

 大正時代に誕生した「新版画」に初期から関わり、戦後に至るまで創作を続けた画家の展覧会「笠松紫浪(しろう)―最後の新版画」展が太田記念美術館(東京都渋谷区神宮前)で開かれている。

 新版画は浮世絵商の渡辺庄三郎を版元として1915(大正4)年に誕生。伝統的な版画の制作システムを用いつつ、西洋画の技法…

この記事は有料会員記事です。残り333文字有料会員になると続きをお読みいただけます。