(3・11から 表現者と東日本大震災:4)立場違っても議論、アートなら 現代美術作家・毒山凡太朗さん

有料会員記事

[PR]

 「大震災を経て、自分の表現をしたいという気持ちに突き動かされました」

 東京の建築デザインの会社に勤めていた毒山凡太朗さん(36)は、東日本大震災を機に会社を辞め、美術作家に転身した。

 福島県田村市出身。東京電力福島第一原発は、子どものころから当然の風景として存在してきた。「原発は安全、と教えら…

この記事は有料会員記事です。残り1196文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら