被害者が撮る、オウム信者の心 なぜ入信したか、崇拝続けるのか、対話で迫る

有料会員記事

[PR]

 オウム真理教が通勤ラッシュの電車で猛毒をまき、6千人以上が重軽傷を負った「地下鉄サリン事件」=キーワード=から26年。被害にあった男性が、教団の信者と対峙(たいじ)するドキュメンタリー映画を作った。あなたはなぜ、オウムに入ったのですか――。

 1995年3月20日朝、六本木駅。会社員だったさかは…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。