「宣言疲れ」限界、解除へ 専門家、リバウンド懸念

有料会員記事

[PR]

 政府は新型コロナウイルス対応で2カ月半にわたった首都圏4都県の緊急事態宣言を、21日で解除する。引き締め効果の薄れや経済への懸念から、更なる延長は難しいと判断した。複数の専門家は、すでに感染が再拡大の局面に入っているとみる。首都圏の知事に不協和音も生じており、不安が漂う中の解除となる。▼1面参照

この記事は有料会員記事です。残り2014文字有料会員になると続きをお読みいただけます。