柏崎刈羽、再稼働手続き保留 テロ対策不備受け 規制委

有料会員記事

[PR]

 東京電力柏崎刈羽原発新潟県)で不正侵入が長期間検知できなくなっていた問題を受け、原子力規制委員会は17日、東電が再稼働を目指す7号機に核燃料を搬入するのに必要な手続きを当分の間保留すると決めた。テロを防ぐ核物質防護の不備を「極めて深刻」(更田豊志委員長)とみて、問題が解消するまで核燃料を扱う手続…

この記事は有料会員記事です。残り881文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら