ベアゼロ続々 春闘、賃上げ2%割れか

有料会員記事

[PR]

 春の労使交渉(春闘)は17日、大手企業の集中回答日を迎えた。今年は新型コロナウイルス禍を踏まえ、労働組合の要求も抑えめだったことから、賃金体系を底上げするベースアップ(ベア)はゼロでの妥結が相次いだ。賃上げ率は昨年まで7年連続で2%台だったが、今年は8年ぶりに割り込むとの見方が強い。▼経済面=賃上…

この記事は有料会員記事です。残り462文字有料会員になると続きをお読みいただけます。