関電の原発、差し止め認めず

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で原発事故時の避難計画が実行できなくなっているとして、福井や大阪など4府県の住民計6人が、関西電力原発7基の運転差し止めを求めた仮処分の申し立てで、大阪地裁(内藤裕之裁判長)は17日、申し立てを却下した。

 住民側は申立書で、コロナ禍で「3密」の回避が求められるため計…

この記事は有料会員記事です。残り106文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!