両陛下、宮城の被災者と交流

有料会員記事

 天皇、皇后両陛下は17日、東日本大震災から10年の節目にあたり、宮城県気仙沼市と山元町の被災者らとオンラインで交流した。震災後に現地を訪れた両陛下と言葉を交わした被災者もいて、再会を喜んでいた。

 天皇陛下は、震災を語り継ぐ活動をしている気仙沼市の中学3年清原理心(りこ)さん(15)に、「語り部

この記事は有料会員記事です。残り128文字有料会員になると続きをお読みいただけます。