(be report)萩原朔太郎一斉展の挑戦 前橋発、詩人の企画展を全国で

有料会員記事

[PR]

 詩集『月に吠(ほ)える』から口語自由詩の新たな地平を開いた詩人、萩原朔太郎(1886~1942)。出身地・前橋市の文学館の発案で、来年の没後80年を記念した各地の文学館による同時期の共同企画展が計画されている。関係者は「同一の詩人の一斉展は前例がない」と口をそろえる。この詩人の言葉の力が見直される…

この記事は有料会員記事です。残り1801文字有料会員になると続きをお読みいただけます。