(経済気象台)検証が難しい接待の本質

有料会員記事

[PR]

 総務省幹部への接待で行政がゆがめられたかどうかについて、外部の専門家による委員会で検証されるようだ。だが、気をつけないと接待の本質を見誤るのではないかと危惧する。行政がゆがめられたことの立証は極めて難しく、水掛け論に陥る可能性が高いからだ。

 そもそも官僚接待の席で露骨な利益誘導などまず行われない…

この記事は有料会員記事です。残り579文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載経済気象台

この連載の一覧を見る