(書評)『現代中国の秘密結社』『「低度」外国人材』 安田峰俊〈著〉

有料会員記事

[PR]

 ■社会分析と現地取材で見極める

 国家権力による庶民保護の観念が歴史的に希薄な中国では、相互扶助を目的とする秘密結社が次々と生まれた。『現代中国の秘密結社』は、急速にハイテク化した中国の深層に今なお息づく伝統的な人間関係に光を当てている。

 18世紀に福建省で生まれ世界中に広がった任侠(にんきょう…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。