(いま子どもたちは)ろう学校の日常:1 マスク手話、もどかしいけど

有料会員記事

[PR]

 (No.1738)

 「もう準備ができたという人は手を挙げて」

 2月下旬、愛知県立名古屋聾(ろう)学校(名古屋市千種区)。高等部産業工芸科2年生の教室で、加藤淳先生(36)が手話をしながら生徒に呼びかけた。口元には透明な素材のマウスシールドをしている。近藤優衣さん(17)が最初に手を挙げ、別室…

この記事は有料会員記事です。残り2337文字有料会員になると続きをお読みいただけます。