祈りの朝 地下鉄サリン事件26年

有料会員記事

[PR]

 オウム真理教による「地下鉄サリン事件」から20日で26年。標的になった東京メトロ霞ケ関駅(東京都千代田区)では、発生時刻に近い午前8時、駅員が黙祷(もくとう)し、献花台に花を供えて犠牲者を悼んだ。助役だった夫の高橋一正さん(当時50)を失った妻のシズヱさん(74)も献花に訪れ、「教団の後継団体が存…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。