米中、国連でも火花 人種差別巡り

有料会員記事

[PR]

 米アラスカで米国と中国による外交トップ会談が開かれ、批判合戦をくり広げる中、米中両国は19日、ニューヨークの国連本部で開かれた国連総会会合でも火花を散らした。

 会合は「国際人種差別撤廃デー」(21日)を記念して開かれた。米国のトーマスグリーンフィールド国連大使は演説で、自らが黒人奴隷の子孫である…

この記事は有料会員記事です。残り311文字有料会員になると続きをお読みいただけます。