ヘイト犯罪「沈黙は共犯」 米銃撃、バイデン氏呼びかけ

有料会員記事

[PR]

 米南部ジョージア州でマッサージ店が銃撃され、アジア系女性6人を含む8人が死亡した事件で、バイデン大統領が19日、事件が起きたアトランタを訪問した。米国内ではアジア系市民を標的にしたヘイトクライム憎悪犯罪)が急増しており、「沈黙は共犯だ。我々は行動しなければいけない」と呼びかけた。

 バイデン氏

この記事は有料会員記事です。残り1366文字有料会員になると続きをお読みいただけます。