(天声人語)卒業と温室

有料会員記事

[PR]

 季節の変化を示す七十二候を暦で眺めると、3月は「始(はじめて)」の文字が目立つ。「桃始笑(ももはじめてさく)」はすでに過ぎ、満開の桃の花に出合う今日このごろである。数日後に「桜始開(さくらはじめてひらく)」が控えるが、今年はもう咲き始めたという地域も多かろう▼いまは「雀始巣(すずめはじめてすくう)…

この記事は有料会員記事です。残り499文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載天声人語

この連載の一覧を見る