女流将棋界、若手が起こす風 里見・西山の「2強時代」に挑む タイトル新設・リーグ戦導入、対局増え成長

有料会員記事

[PR]

 女流将棋界で、20代前半の若手たちが台頭してきている。近年は、里見香奈女流四冠(29)と西山朋佳女流三冠(25)の「2強時代」が続いているが、この2人にどこまで迫れるか。

 3月2日。第32期女流王位戦(新聞三社連合主催)の挑戦者決定戦が、東京・将棋会館で指された。女流タイトル戦常連の伊藤沙恵女…

この記事は有料会員記事です。残り1194文字有料会員になると続きをお読みいただけます。