立憲合流半年、伸び悩む支持 原発政策、連合・共産の「板挟み」

有料会員記事

[PR]

 立憲民主党が旧民主党勢力の国民民主党や無所属議員らと合流して半年が過ぎた。衆参150人規模の野党第1党になったが、政党支持率が伸び悩むなど合流効果は十分に表れていない。解散・総選挙を控え、選挙協力を模索する共産党と、最大の支援団体の連合とのはざまで重要政策が揺らぐなどの課題も抱える。

 「今回は…

この記事は有料会員記事です。残り1463文字有料会員になると続きをお読みいただけます。