ミャンマー、少数民族めぐり綱引き NLD側、政治指針に「自治権実現」 国軍側、評議会メンバーに幹部ら

有料会員記事

[PR]

 クーデターで国軍が権力を握ったミャンマーで、国軍に対抗する形で活動を続けている「連邦議会代表委員会」(CRPH)が、国内の少数民族の組織に共闘を呼びかけている。一方の国軍側も少数民族の懐柔を図るなど、綱引きが激しさを増している。

 「今は国の最も暗い瞬間であり、夜明けが近い瞬間でもある。独裁政権の…

この記事は有料会員記事です。残り764文字有料会員になると続きをお読みいただけます。