シリア、病院に砲撃 政権側の攻撃か、7人死亡

有料会員記事

[PR]

 内戦下にある中東シリアの北部アレッポ県で21日、アサド政権によるとみられる砲撃が病院を直撃し、子どもや女性ら少なくとも7人が死亡、医療関係者を含む14人が負傷した。ロイター通信などが伝えた。

 砲撃があったのはアレッポ県アタレブで、反体制派や過激派組織の最後の大規模拠点となっているイドリブ県との県…

この記事は有料会員記事です。残り189文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!