(世界発2021)カンボジア、進む個人独裁 フン・セン首相在職36年

有料会員記事

[PR]

 内戦の終結から今年で30年となるカンボジアで、強権化・個人独裁化が進みつつある。36年にわたって首相の座にあるフン・セン氏(69)のもと、野党弾圧や国民の監視が進み、権力の長男への世襲さえ取りざたされるようになった。日本も支援してきた民主化は遠のきつつある。(ハノイ=宋光祐)

 「支持が得られる…

この記事は有料会員記事です。残り2160文字有料会員になると続きをお読みいただけます。