中1転落死、いじめ含め要因 第三者委「指導に問題」 北海道

有料会員記事

[PR]

 北海道登別市で昨年6月、市立中学1年の男子生徒(当時13)が自宅で転落死したことをめぐり、市教育委員会が設置した第三者委員会は22日、部活動でのいじめと、コロナ禍での不安や外出できないストレスなどの複合的な要因で自殺したとする報告書をまとめた。学校側の指導に問題があったとも指摘した。

 生徒の転落…

この記事は有料会員記事です。残り247文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!