ステージ4の大腸がん「まず抗がん剤を」 国立がん研究センター

有料会員記事

[PR]

 ほかの臓器にも転移しているステージ4の大腸がんで、転移したがん細胞を手術で取りきることが難しい場合、まずは抗がん剤で治療することが標準的な治療になる。国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)などの研究チームが、臨床試験で効果を明らかにした。

 これまでの治療では明確な方針がなく、約7割が大腸の…

この記事は有料会員記事です。残り398文字有料会員になると続きをお読みいただけます。