(声)コロナを機に「常識」見直しては

有料会員記事

[PR]

 契約社員 渡辺吉隆(神奈川県 62)

 時代や事件や象徴的な出来事などを契機に、長く常識とされていたことに対する人の意識ががらっと変わることがある。森喜朗氏の女性蔑視発言で注目されたジェンダー問題しかり、企業幹部らによる官僚や政治家への接待問題、そしてカジノを含む統合型リゾート(IR)もしかり。

この記事は有料会員記事です。残り352文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!