ロヒンギャ難民、15人死亡 キャンプで火災 バングラデシュ

有料記事

[PR]

 バングラデシュ南東部コックスバザールのロヒンギャ難民キャンプで22日、火災が発生し、国連難民高等弁務官事務所UNHCR)は23日、少なくとも15人が死亡し、約560人が負傷したと発表した。発表によると、約1万戸が焼失・倒壊し、約4万5千人が住む場所を失った。まだ約400人の行方がわかっておらず…

この記事は有料記事です。残り261文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!