五輪海外客用アプリ、開発は継続 「予算を圧縮」

有料記事

[PR]

 平井卓也デジタル改革相は23日の記者会見で、東京五輪パラリンピックの海外観客らに向けた新型コロナ対策アプリの開発を継続する考えを明らかにした。海外客の受け入れは断念したが、オリ・パラ以外での用途の拡大を視野に入れるという。アプリの開発や運営にかかる費用は73億円を超える。コールセンターや多言語対…

この記事は有料記事です。残り177文字有料会員になると続きをお読みいただけます。