デジタル庁準備、1カ月最大184時間残業

有料会員記事

[PR]

 デジタル庁設置などの準備を担当する「デジタル改革関連法案準備室」の職員が、正規の勤務時間外に職場にいた「在庁時間」が、一般的な超過勤務で「過労死ライン」とされる月80時間を2カ月連続で超えていたことが23日わかった。

 参院内閣委員会での政府の説明によると、職員の勤務時間外の平均在庁時間は、昨年1…

この記事は有料会員記事です。残り287文字有料会員になると続きをお読みいただけます。