会長が理事会諮らず、対応の正当性を強調 全柔連コンプラ委「加盟団体、パワハラの疑い」

有料会員記事

[PR]

 全日本柔道連盟コンプライアンス委員会が、加盟団体の愛知県柔道連盟で、不明朗な支出やパワーハラスメントなど組織運営上の問題が疑われると指摘し、山下泰裕会長らに、執行部の刷新などの対応を求めていたことが分かった。

 山下会長は副会長と対応を協議したものの、元幹部職員のパワハラ問題と同様に、全柔連の最…

この記事は有料会員記事です。残り614文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら