山下氏に「利益相反」指摘 JOC・全柔連会長兼任 処分検討巡り

有料会員記事

[PR]

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(63)がJOC加盟団体の全日本柔道連盟全柔連)の会長を兼任していることについて、利益相反にあたるとの指摘が出ている。全柔連では2月、幹部職員=1月に退職=がパワハラと疑われる行為を繰り返していた問題が発覚。理事会などで十分な説明がなされず、JOCが…

この記事は有料会員記事です。残り442文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら