(古田徹也の言葉と生きる)本当の「社会人」とは

有料会員記事

[PR]

 多くの人が「社会に出る」春を迎えた。中高生の頃、学校の先生がよくこう言っていたことを思い出す。「社会は厳しいぞ」、「社会に出たら通用しないぞ」。

 そう説教された側はといえば、「先生こそ社会に出たことないじゃないか」と陰で反発するのが常だった。そして、同様の物言いは大人の口からも、常套句(じょうと…

この記事は有料会員記事です。残り443文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載古田徹也の言葉と生きる

この連載の一覧を見る