「東電、姿勢問われている」 規制委が是正命令へ、商業原発で初

有料会員記事

[PR]

 東京電力柏崎刈羽原発新潟県)で相次いで発覚したテロ対策の不備に、原子力規制委員会が大なたを振るった。24日に方針を決めた是正措置命令は、事実上再稼働をできなくするもので、解除時期も見通せない。規制委は、事態を長期間放置した東電の体質を重視。「核燃料を動かす資格がない疑いがある」として重い判断に踏…

この記事は有料会員記事です。残り1124文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら