<視点>内閣への「歯止め」、司法の役割では 国会召集義務、憲法判断せず

有料会員記事

[PR]

 ▼1面参照

 憲法53条で定めた臨時国会の召集要求に、内閣が約3カ月応じなかったのは違憲かどうか――。24日の東京地裁判決は、そうした論点について、なんら判断を示さなかった。

 「司法の違憲判断がなければ53条が形骸化し、死文化する。実質的に憲法を変えてしまうことだ」。今回の訴訟のなかで、憲法学…

この記事は有料会員記事です。残り1236文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら