コロナ病床確保、見直し 感染急拡大期との二段構え 厚労省

有料会員記事

[PR]

 厚生労働省は24日、新型コロナウイルス患者を受け入れる病床の確保計画を見直すよう都道府県に求める通知を出した。コロナ対応で常時備えておく病床確保計画と、「第3波」の2倍程度の感染者が出ることなどを想定した感染急拡大期に使う対応方針の「二段構え」としたのが特徴だ。計画は5月中に整備し、対応方針は4月…

この記事は有料会員記事です。残り725文字有料会員になると続きをお読みいただけます。