陛下が詠む、コロナの収束願って 歌会始の儀

有料会員記事

 皇室の恒例行事「歌会始の儀」が26日、皇居・宮殿「松の間」で開かれた。コロナ禍での開催になり、遠方に住む入選者はオンラインで参加した。

 今年のお題は「実」。天皇皇后両陛下は、新型コロナウイルス感染症の収束を願う気持ちを歌にした。宮内庁によると、天皇陛下は、人々の願いと、人々が試練を乗り越えよう…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。