コロナ禍、学校の役割と新たな姿は 一斉休校要請1年、出版相次ぐ

有料会員記事

[PR]

 コロナ禍による政府の突然の一斉休校要請から1年。休校が子どもや教職員、保護者らにどんな影響を与えたかを調査し、振り返る本が相次いで出版されている。浮かび上がるのは、子どもの生活を支えてきた学校の役割の大きさとコロナ後の新しい学校の姿だ。

 ■人間関係、学習時間確保に影響

 今月7日、「学びを支え…

この記事は有料会員記事です。残り1830文字有料会員になると続きをお読みいただけます。