(東日本大震災10年)震災後生まれた2紙、終幕 釜石新聞・大槌新聞

有料会員記事

[PR]

 東日本大震災後、岩手県の被災地で創刊された二つの地域紙が、10年を機に相次いで廃刊や休刊となった。必要な復興情報を住民に伝え、課題を被災地の外に発信してきたが、人口減や高齢化による部数減に耐えられなかった。

 ■社員10人、残った「復興」 釜石新聞

 岩手県釜石市の「釜石新聞」は自らも被災した記…

この記事は有料会員記事です。残り1641文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら