(天声人語)あくびはなぜ、うつる?

有料会員記事

[PR]

 ああ、眠い。春はあけぼの、まどろみの朝。布団のなかから細く目をあけると、窓からのぞく青い空、ちぎれた雲が流れてく。ふああ。大きなあくびがひとつ、でた▼はてこのあくび、いったい何者なのかと考える。仰々しく『アリストテレス全集』を開けば、「何故(なぜ)、ひとが欠伸(あくび)をすると、殆(ほとん)どの場…

この記事は有料会員記事です。残り469文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載天声人語

この連載の一覧を見る