(文化の扉)はまる、ブルックナー 洗練とは無縁、でも真理に触れる響き

有料記事

[PR]

 19世紀後半に活躍した作曲家のアントン・ブルックナー。「いきなり月から降ってきた石」に例えられるほど、音楽史の伝統から外れたユニークな交響曲を残し、現代でも熱狂的なファンが多い。他の作曲家では味わえない魅力とは何か。

 長大な演奏時間、反復の多さ、ごつごつとした構成――。音楽評論家の許光俊(きょ…

この記事は有料記事です。残り1586文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント