中東の「空白」、踏み込む中国 イランと25年間、包括的戦略協定 米との覇権争い、強気隠さず

有料会員記事

[PR]

 米中対立についてバイデン政権が「民主主義と専制主義」という国家体制間の競争との認識を示すなか、中国が中東の地域大国イランと25年に及ぶ包括的な戦略協定を結んだ。中東で米国の存在感が薄まることで生じた「空白」に、中国が経済力をテコに根を張る構図だ。米中の覇権争いが、世界を巻き込んで一段と深まろうとし…

この記事は有料会員記事です。残り1848文字有料会員になると続きをお読みいただけます。