障害者のきょうだいに光を 当事者の女性が映画制作 生きづらさ・偏見テーマ「まなざし変われば」

有料会員記事

[PR]

 障害のある人の兄弟姉妹を当事者らが「きょうだい」と書き表すことがあります。家族内で知らずに重荷を背負ったり、つらくても周囲に打ち明けられず孤立したり。そんな現実を知ってほしいと、「きょうだい」の女性が映画を制作しました。

 女性は、三間瞳さん(37)。三間さんが高校生の頃、五つ年下の妹は、統合失…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。