早期解散論にピリピリ公明 山口代表「コロナ対策しっかりと」、7月都議選に集中

有料会員記事

[PR]

 公明党が、自民党内から浮上する「早期解散論」に神経をとがらせている。コロナ禍で支持者らの活動が制限されていることに加え、公明が重視する7月の東京都議選に集中したい思惑がある。衆院選比例区の得票数が減少傾向にもあり、今秋の衆院議員の任期満了近くまで先送りしてもらいたいのが本音だ。

 ■前回突然の選…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。